塾を上手に使って合格に近づく方法

受験のために多くの生徒が進学塾や予備校に通っています。
私の体験から、塾を上手に使って合格に近づく方法をお伝えします。

 

必要な講座を選んで受講する

まず、塾を使ううえで大事なことは自分に合わせた量の講座を選択して受講することです。

苦手科目をフォローするために塾を使うのか、得意科目をさらに伸ばすために塾を使うのか考えて講座を選択してください。

全部の科目を取るように塾は勧めてくると思います。
なぜなら、塾も営利企業なので生徒に多くの講座を受講してもらったほうが儲かるからです。

しかし、本当に全部の科目の講座が必要なのでしょうか?
多くの講座を受講すれば、その分受講時間が長くなってしまいます。

つまり、自分で勉強する時間が短くなってしまうのです。
予習や復習、模試の勉強、学校のテスト勉強など、講座を受けること以外にもやることはたくさんあります。

教えてもらうべき内容を選択して、自分のやるべきことに力を入れましょう。

 

塾を使い倒す気持ちで通う

塾の利用方法は講座だけではありません。
講座以外にもたくさんの使い方があり、せっかくお金を払っているのならじゃんじゃん使ってみましょう。

まず、塾は受験のノウハウを持っています。
この学校はこんな問題を出すだとか、面接はどんなことを聞かれるだとか、偏差値はどのくらいだとか、どんなOBが進学したのかなど様々な情報を塾は持っています。

自分が受ける学校について、情報を集めるのにこんなに適したところはありません。

塾の使い方は塾の持つ情報だけではありません。
ペースを有効に利用して自習することもできますし、先生や職員さんに質問して講座の内容をフォローしていただくこともできます。
また、受験勉強のペース維持を手伝ってもらうこともできます。

塾を自分に合わせて利用して、ぜひ合格に近づいてください。