受験の相談は塾をフル活用する

わが家の娘も再来年には高校受験を控えています。
先輩ママ友に話を聞くと、現在は学校の先生よりも塾の先生のほうが受験に積極的なので様々な情報を持っているそうです。
よって、学校でも受験説明会に参加することはもちろんですが、塾に通っている時は塾の受験対策会に参加して話をよく聞いておくことは必須のようです。

学校の先生が頼りにならないわけではありません。
しかし、お金を払っている分、塾の先生は少しでも良い高校、生徒に合った高校を選ぶことに必死です。
さらに公立と私立の高校の中から金銭面や通学のことを考えながら、受験に最適な高校を探し相談に乗ってくれます。

受験する高校に困った時や迷ったときは、学校での進路相談が最優先ではありますが、塾の先生にも相談し受験する高校を決める予定です。

また、どうしても心配が先走り親が率先して、子どもが受験する高校の下調べをしてしまいがちになるそうです。
しかし、通う本人の希望を最優先することが大切。
先輩ママ元からよく聞いているので、親が勝手に進路を決めてしまうのではなく、受験する娘の希望を最優先にしてよく話し合って娘に一番だと思える高校を受験させるつもりです。

現在は中学の勉強も難しく、塾に通わなければ勉強についていけないことも多い時代です。
よって、高い月謝を払って塾に通わせているのであれば、塾での進路相談もフル活用することがおすすめです。

わからないことや難しいことも多い子供の高校受験には塾に通うことは最適だと思います。