個別指導塾において成績が上がる生徒の特徴とは

私は学生時代個別指導塾でアルバイトをしておりました。
先生1人に対して生徒は2人という形で指導をしてました。

何人かの生徒の担当として継続的に指導をすることや、夏季や冬季は講習として色々な生徒の指導をしました。

その中ですぐに成績が上がる生徒の特徴は素直に言われたことが出来る生徒だったと思います。

個別指導塾で大学生のアルバイトが指導すると、どうしても先生と生徒の仲が近くなりすぎて、生徒は先生に対して言うことを聞かなくなりがちになってしまうこともあります。

そのため、先生に少し面倒くさい課題を出されてもあの先生だからやらなくてもいいや、となってしまい結局成績が伸びなかったということもよくあったのだと思います。

よく伸びる生徒は、とても素直に言われたことにすぐに取り掛かります。
そして、言われたことが終わったらすぐに報告し、間違えた部分を自分でなぜ間違えたのか原因を確かめていました。

それに対して、成績が伸びない生徒は指示されたことに対してすぐに取り掛からず、やらなくてもいいように文句を言ってきます。
その場合こちらも説得するために時間がかかってしまい、時間を無駄にし、結局授業が進まなくなってしまうのです。

また、成績が伸びるせいとは塾をとても有効に活用しています。
問題をただだらだらと解くだけならどこでも出来ます。

しかし、成績が伸びる生徒は先生を上手く使って、分からないところを質問する時間にしたり、苦手なところの相談をしてくるのです。
私が感じた個別指導塾で伸びる生徒の特徴は素直ということ、塾を上手く利用しているところだと思います。