受験英語は長文から手をつける

受験生を悩ませているのが、どの科目から手をつければいいか分からないことだと思います。
一般的に数学や社会、理科系の科目から始めるケースが多いかと思いますが、文系の科目も忘れてはいけません。
その中でも受験で簡単に差をつけることができる科目は英語です。

英語は苦手意識を持っている人がたくさんいるかと思います。
リスニングが聞き取れない、文法が分からない、長文が読めなくて時間が足らないなど、受験生を少なからず悩ませている科目です。

そんな苦手な人が多い英語でも範囲が広すぎてどこから手をつければ良いのか迷いますよね。
なので私は1番に、長文読解の問題を多く取り組むことをオススメします。

何故かというと、受験英語で1番点を取りこぼしやすいのが長文英語で差を付けやすいからです。
また、長文の設問では文法やリスニングよりも点数配分が高いためです。
一般的なケースとして受験生は単語を多く覚えたり、文法の問題を取りこぼさないように勉強し、長文の勉強が手薄になっていることが多いです。

長文英語も結局は英語ですから、正しい文法で書かれていますし単語も実践的な言い回しで使われています。
要するに、英語の長文を多くこなして慣れることで、その後の文法や単語の勉強は格段に楽になります。

また、参考書と睨めっこするよりは楽しく英語を吸収することができるかと思います。