暗記科目を克服する効率的で確実な暗記方法とは

暗記科目というと、ただ覚えるだけという作業としては単純なものですが、苦手にしている人も多いのが現実です。
暗記してもしばらくは覚えているものの、しばらくすると忘れてしまい知識が定着しないことで困惑することがあります。

知識を定着させるには、繰り返しによる学習が必須条件になってきます。
とはいっても単に参考書や教科書を繰り返して読むだけでは効果はあがりません。

問題集を活用したりして、暗記すべき重要事項を十分に認識する必要があります。

時間的に余裕があれば、重要事項を含めた穴埋め問題を自筆で作成し、自分だけの問題集を作ることも効果的です。
いずれにしても問題を解くときには頭の中で回答するのではなく、どんなに容易な問題でも別のノートに筆記することをお勧めします。

最初から最後まで解いたら、もとに戻り再び同じ作業を繰り返します。
苦手な問題には付箋をつけるなどして、意識しておいた方が良いです。

ただし、問題を解く時には問題の難易度や理解度に関係なく、すべての問題を筆記によって回答していきます。
頭の中で問題を解くだけでなく、繰り返し筆記するという行為は頭の中にイメージとして焼き付けられ、記憶力が高まると同時に知識の定着につながります。

また、教材を何種類も用意するのではなく、1つの教材に絞って学習していくことも重要です。
多くの教材に手をつけることはイメージが分散され、暗記事項の定着につながることを妨げます。

1つの教材に絞れば、その教材のイメージが頭に残り時間が経っても忘れないようになります。