繰り返し学習法が一番身につく

受験に失敗してしまう1つの要因として、いろいろな問題集や参考書に手を出して、結局どれ1つモノにならずに終わってしまう、というのがあります。
学力は、1冊の良質な問題集を完全に仕上げると、ぐんと伸びるものです。

ここで犯してしまいがちな間違いは、その問題集を、それこそ暗記してしまうくらいやり込めることなしに、他の問題集に移ってしまうことです。

これを続けていては、表面上のうすっぺらな学力に留まってしまいます。

どんな問題にも対応できる、本物の学力を身につけようと思ったら、1つの問題集を徹底的にやり込むことです。
私自身、この方法で受験に成功しました。

もちろん、大前提として、その問題集が良質のものでなければなりませんが、良質であれば、受験本番で問題を解くときに、問題集で解いた似たような問題と解答が安々と頭に浮かんできます。
あとは、正解を書くのみ、という状態です。

同じ問題集を繰り返し解く場合は、もちろん、以前間違った問題に特に集中することが肝心です。
こうしていくことで、苦手分野がつぶされていきます。

数回繰り返したのちには、苦手分野がなくなります。
この状態になれば、いつ受験本番がやってきても、もう怖いものなしです。